ひとり起業にはたくさんの未来がある


昨今は起業流行り。 中でも個人で仕事をする個人事業主が数字の上でもかなり増えています。


自宅でマンツーマンのレッスンを行う英語の先生やフリーランスの通訳や翻訳家の人をはじめとして、ネイルやボディケアを生業とする自宅サロンの経営者。 自宅で手作りしたものをECサイトで売る個人起業家も同じような個人事業主です。


このようにサロンや事務所を構える構えないにかかわらず、一人でお客様対応から経理から経営まですべてのこと行う起業スタイルを、ひとり起業といいます。 そのひとり起業ですが、最近目につくのが意外性のあるものやユニークなものです。


例えば一人でお店を経営し、一人でお客様に対応している美容師さんや床屋さんをはじめとして、一人でカフェを運営しているカフェの経営者さん。 決まった曜日と時間だけお店を開けるという経営スタイルです。 お店の敷地は3坪という極小のスペースにテーブルと椅子が数組、自家製のパンとやお菓子と飲み物を提供していて、テイクアウトにも対応しています。 家でパンやお菓子を焼いていることと、他の人が借りないような極小スペースで材料費や賃料を抑えることでうまく経営しているなという印象があります。

それから一人葬儀屋さん。 葬儀屋さんも様々なお仕事をこなさなくてはいけないので本来はひとりではできないという感じなのですが、葬儀を希望するお客様からの要望で葬儀の手配をしたりアレンジをするというのがお仕事の中心。個人事業ならではのきめ細やかな応対が売りのようです。 そしてこの場合は主な収入源が中間手数料という感じです。 そしてウナギの寝床のような奥行きのない細いスペースを借りて経営している巻き爪専門店。巻き爪で困っているお客様に個別に治療を行っています。専門性の高さでの収益確保と狭くても営業できるという賃料の低さで利益を挙げているのだろうなと思います。 他にもいろいろなひとり起業が存在すると思いますが、ひとり起業のよいところは自分のペースでお仕事ができることと、コストを抑える工夫をすることで利益を挙げられるいったところにあります。


つまりひとりでできる分のお仕事しかしないので、売上は飛躍的に大きくなるという点は満たせないのの、経費やコストが抑えられているために一定の利益を上げられるという形になります。 要するに競争して頑張って売り上げを年々上げるというよりは、自分の体力や性格、家庭環境や他の要件をも満たした自分ファーストの起業スタイルとも言えるだろうと思います。 これからは従来の起業スタイルというものだけではなく、このようなに知恵や工夫によってひとりで良いビジネスモデルを作り、収益をあげていくという起業スタイルがもっと増えてくるのだろうなと思います。 その時に大切になってくるのが、自分がなにを大切にして起業をするのかという信念と、きちんと収益がとれるのかという採算性も含めたビジネスモデルです。 今まではたくさんの費用を使って大きく稼ぐというスタイルばかりがもてはやされましたが、これからはアイデアや工夫で自分で起業をしていく時代になってきます。 新しい考え方や切り口で未来志向で起業していきたい、けれどもビジネスモデルやひとり起業の経営で不安があるといったお悩みがあるようでしたら、お気軽にご相談くださいね。