アルバイトと起業の掛け持ちが成功する秘訣

起業しました~ と言っても アルバイトやパートをすぐにやめられない。 そんな起業家はたくさんいます。


起業したばかりの 最初の頃は 売上がそれほどは見込めないからです。 つまり 起業をしながら アルバイトも継続する、 いわゆる アルバイトと起業の掛け持ちです。

子育てをしながら 家事もやる主婦が アルバイトをしながら 起業をする しかも 夫の給料や社会保険料や税金との にらめっこ状態です。 この状態で ビジネスである程度稼げるようになるまで どうすればよいのか? アルバイトと起業を両立させるには あるコツが必要になります。


それは何かというと 起業をしたときに使える 控除です。 これによって 起業で得たお金 つまり収益を控除の分だけ 減らすことができます。 青色申告控除は アルバイトと掛け持ちで起業をする場合にも 使うことができます。 アルバイトのほかに 自分でビジネスを始めたDさんも この控除を使って まだ扶養の範囲で ビジネスを続けています。 Dさんはこんなことを 言っています。




最初は 子育てをしながらアルバイトをして 以前からやりたいことがあって起業をしました。 やはり起業したての頃は うまく稼ぎが出なくて アルバイトをやめることはできません。 でも やり続けていけばそのうち 稼げるようになるはず。 だからあきらめずに 今は夫の扶養に入れてもらって アルバイトと起業を続けています。 扶養を抜けるだけの利益が出たら アルバイトをやめようと思っています。 この控除があるおかげで ある意味安心して

起業にチャレンジできるのです。 起業初心者には 控除をうまく使うことで アルバイトをしながらでも 起業を続けていくことが 可能なのです。