転機を迎えるきっかけとは?



あの時が人生の転機だったなと思うことがあります。 そして そういった転機を迎える前に

起こりがちなことも パターン化しているのか なんだか決まっているように思います。



それは何かというと 今まで自分がやってきたことの振り返りと おかたづけ





つまり


自分がやってきたことの棚卸と やってきた結果 散らかってしまった心の中の かたづけです。





こういった場合は


心の中のかたづけだけではなくて 最終的には部屋の中もかたづける みたいなことになるような気がします。


なぜなら 心の中が散らかっているってことは たいていは 部屋の中も散らかっていることが 多いからです。



ならば 逆も真なり ではないけれど


部屋のかたづけを始めていって

ついでに 今までの自分のやり方とか 考え方とかを整理したり 振り返ったり それから むしゃくしゃしたこととか


スッキリしない感じ もやもやな気持ちや思い なんかもこの際 すっきりさせてみたり そんな風にして 自分の心の中を整理する。

前の自分はこれが駄目だったなとか


このやり方は良くなかったなとか


思い始めたら そこで終わらずに じゃあこれからはこうすればいいんだと


気持ちを切り替えればいい。

そうすると これからやることは なんだかうまくいきそうな気がするし まるっきり新しい方向に行こうとか 心機一転がんばってみよう なんていう気持ちにもなるかもしれない。 おかたづけは 人生の転機を迎える きっかけ つまり サインなんだと思います。