家計のご相談から親の後見人問題へ、ご相談事例

とうとう梅雨が明けました。

今年はというと梅雨らしくない梅雨という感じでした。

先日の7月20日は横浜市開港記念会館にて相談会を開催しました。

これは9月から始まる食の情報サイト「美味しくなぁれ」の立ち上げを記念した催しでの

相談会開催です。食品がテーマの催しですのでお金の問題や終活をテーマにした無料相談会 というのはなかなか想像つきませんね。

私もそう思ってお客様が来られるのか内心危惧していたのですが(笑)、その心配は徒労に 終わりました。

食品がテーマの催しですから、お金や終活がメインのお話しではないもののやはり心の中に

ひっかかっていた様々な思いが皆さんあったようで、ご相談の中では多岐にわたる質問が

飛び交いました。

年齢もバラバラなら相談内容も皆さま違う中でお話を聞いて思ったことは、相談者のお悩 みが複合的であることと本当にご相談したいお悩みの本質が奥に隠れていることです。


あるお客様(仮にAさんとします)はご自身のビジネスがうまく軌道に乗らないことがお悩 みでした。

起業してもなかなか売り上げが上がらない、家計の助けにしたいと思い起業したはずが

ご主人のお金を投入し続け気がついてみたら貯蓄(家の資産)を切り崩すことになって いたそうです。

上のお子様は来年大学受験で塾代も含めた教育費がかさんで家計を圧迫しているようです。

そのようなお悩みをお持ちのAさんでしたが、お話を聞いていくうちに家計問題から親の 健康問題へと話が進み、最終的にはお母様の後見人問題へと発展しました。 色々とお話を伺う中でお話のきっかけで口にされたお悩みと最終的にご相談したいことが


違っていることはよくあって、お客様の真意はどこにあるのかそこを見極めないと

本質的なお悩みの解決に至るアドバイスはできません。

認知症であるお母様に後見人をつけることはもちろん大切です。 それと同時に後見人をつけたときのお金の問題にも意識を向ける必要があります。この場合 はお母様のお金の問題ですね。

お母様の財産や資産については、後見人の契約を結ぶとすべてが後見人の管理にゆだねられ ますし、後見人に支払うお金も含めて少なくとも月に数万円ずつの出費を伴います。

また今はご相談者とお母様がご一緒に生活をしていますが、今後お母様の認知症の症状が 進むにつれて、自宅介護から施設での介護も考える必要があります。

認知症であるお母様のお金の管理を後見人にゆだねた場合、お金の管理はたやすくなるもの の月々の出費がかさみ、介護施設に入所した時の費用も含めて出費が嵩みます。

お母様が亡くなるまでの間の後見人契約の支払いと、いざというときの介護費用。 後見人を単純につけるだけではなくて、お母様のお金の管理や維持を今後どうしていくか という点を含めて考えていかないといけないので、後見人をつけるという決断のハードル は案外高いものがあるかもしれません。


介護施設入所の費用や後見人の費用を捻出できるかという親のお金の問題を解決したのちに

後見人制度を利用する手続きへと進む。

親の問題は家族の問題でもあるのですが、かといってお金の問題が子にのしかかってくるの は避けなくていはいけません。

親の問題は親のお金で解決するようにしておかないと子の老後の生活設計ができないのはお ろか、家計が破たんするなんてことも今では珍しくないのです。 Aさんにはまずお父さんを含めてご家族とお話をしていただき、長期にわたるお母様の介護 費用の捻出、お父様の生活費の確保、お父様が健康を損なわれた時の費用も含めた対処のこ と、更に後見人を付けた場合の財産管理と費用の問題も含めてどのポイントでお金が必要に なるのかきちんと理解していただくことを先にして、それからご両親のお金で全て解決でき るのかを確認していただくことをお話しました。

そのうえで後見人契約に着手するなど次への道筋も提示しました。 最終的にAさんはご納得され決意を固められたような表情でお帰りになられました。

もちろん無料相談という形ですのでその場で細かい費用の算定や詳細なお話などは難しい

のですが、問題の本質が何でその解決には何が必要でどういう順番で解決したらよいか

そのプロセスをきちんと把握していただくと解決に進むことが早くなります。

Aさんも既に50代、親の高齢化に伴って深刻なお悩みをお持ちでした。

40代から50代という世代は、家計の問題はもちろんのこと親の介護や後見人の問題を

抱えることが少なくありません。

お一人で悩むのではなく解決する糸口があることをお伝えできて良かったと思っています。

ご意見などお気軽にお寄せください

© 2023 トレイン・オブ・ソート Wix.comを使って作成されました