夫の退職金の使い道

新型コロナウイルスの影響で収入が減ったことで今後の家計のやりくりに不安が出てきた50代前半のBさん。 Bさんは下のお子さんがまだ高校生でこれからも教育費がかかること、新型コロナウイルスの影響で昨年はご主人のお給料の賞与が3割も減ってしまったことで不安を覚えています。 今回は50代後半のご主人が60歳の定年を迎えたときの退職金についてご相談がありました。まだ退職金をもらうまでには3年ぐらいあるそうですが、子供の教育費のほかに住宅ローンの残高が1500万円もあるので、退職金のことも考えて計画をしたいとのご希望です。


そこで退職金の活用法について今日は考えてみたいと思います。 Bさんのご主人の会社は60歳定年ですが、希望すれば65歳まで社会保険に加入して働くことができます。その場合、収入は現在の7割程度と減ることになります。 ご主人が60歳になる時には下のお子さんが大学に入学しますので、60歳で退職金を受け取った場合は、教育費の方にある程度充当させるか、住宅ローンの方にすべてをまわすか、選択をすることになります。


ここで考えるポイントは、65歳で継続勤務が終わった場合に住宅ローンを完済できるかどうかです。 もしご主人が65歳以降に別の働き方を選択しない場合、主な収入が年金になりますので、それ以降も住宅ローンが残っているようだと家計のバランスが悪化します。ですから65歳で住宅ローンを完済できるように退職金の使い道を住宅ローンを主に考えた方が良いでしょう。 教育費については保険や貯蓄などを主体に考えますが、保険や貯蓄で十分でない場合は受験校の選定、奨学金、学資ローンなど幾つかの方法の組み合わせで考えてみます。 Bさんはパートで年間に100万円ほどの収入があります。将来的には特技を生かして家で何かの収入を得られないかと考え中です。また上のお子さんは既に会社員で独立しているそうです。 ですからBさんの収入を増やすというのもポイントの一つになるでしょう。ここで収入が増えることによって、教育費の捻出やご主人が60歳以降収入が減ることへの影響を軽減することにも繋がるでしょう。

また60歳定年時に退職金を一括で受け取らず、年金として受け取る方法もあります。 この場合は、ご主人が65歳になったときに受け取る年金の額が65歳から10年間に亘り一気に増額します。ですからこの間に住宅ローンを完済することをお勧めします。 退職金を一括で受け取る場合と年金で受け取る場合とでは、額面上は年金で受け取った場合の方が大きくなります。しかしこの場合は税金などの面も考慮して手取り金額を計算することでどちらが良いか判断しましょう。


最後に退職金の受け取り方ですが一括で受け取る方法と年金として受け取る方法の2つがあります。 退職金を一括で受け取る場合には、勤続年数から割り出した退職金控除が適用になります。年金の場合は、公的年金等控除が適用になります。退職金で受け取る場合は特に問題ありませんが、年金で受け取る場合の税金と社会保険料の金額には注意を払った方が良いでしょう。