実家の空き家化をどうするか



今日は冷たい雨の日ですね。

昨日も終日外にいて突然の大雨に驚いてしまいました。

ところで

今朝のある情報番組で取り上げていた実家の空き家問題

空き家の定義は1年以上人が住んでいない使っていない家だそうですが、今や高齢者だけの 世帯も多い中これからの日本はもっと空き家が増えるだろうと言われています。 実際のところ年老いた両親が住んでいた実家はなかなか処分もできず、かといって田舎で不 便さもあり引っ越しもできず、どうしたものかと思案している人が多いですね。 とりあえず固定資産税だけ納めて保有している人も多いのですが、実家をそのままにしてお くのも虫や動物の棲み家になったり、犯罪の温床になったり難しいところではありますよ ね。

そういった中で出てきたのが空き家バンク制度

自治体ごとの取り組みが主とはいえ、全国的に大きく展開される可能性もありますね。

もし貴女の実家のある自治体がこのような制度を設けていると、貸したり売買したりなど

実家を活用する方法を相談することはできますね。

一例として主人の実家がある長野県佐久市の空き家バンクを調べてみました。 https://www.city.saku.nagano.jp/kanko/oidenanshi/index.html

今では若いファミリーや早めの定年を迎えた中高年が田舎への移住を計画していることも多 いです。 その時にはいきなり家を建てるとか、別荘を改造したりする前に、こういった空き家バンク で手ごろな家がないかを下調べをする人もいるそうです。 価格帯を上手に設定すれば、案外と早くに実家空き家にせずに売却することもできるかも しれません。

今後はますます自治体や政府の取り組みで、空き家の有効活用がクローズアップされると思 います。

すぐには実家を解体するなど片づけには踏ん切りがつかないという場合、実家のある地域で

将来的に空き家の活用ができないか、自治体の情報集めをしておくのも

大事になりますね。

 

ご意見などお気軽にお寄せください

© 2023 トレイン・オブ・ソート Wix.comを使って作成されました