義理の親子、兄弟でもめている家庭の遺産相続、解決策1

スーパーに買い物に行くと

いつもよりも早い時間で混んでいる様子

皆さん炎天下を避けて行動しているんですね。

暑さの中で行動するのは

誰しも嫌なものですよね。

その場合の深層心理はというと

不利な状況、つまり自分にとって好ましくjない状況について

人は基本的に避けるものということ

この自分にとって好ましくない状況というのは

相続においても起きる可能性があります。

よく実家の家を相続したんだけど・・・

という話から

その実家が過疎地域にあって

将来的に住む可能性は低いから

どうしよう、と悩んでいる人もいます。

もちろん実家を受け継ぐことは

嬉しいことのはずなんですが

そこに住まないのに

固定資産税を支払うとか

管理をしないと

住居が荒れて周囲に迷惑がかかるから

対策が必要とか

望ましくないものも

一緒に引き継ぐことになるのですね。

実はそういう人の深層心理を反映しているのでは、

と思われるデータがあります。

家庭裁判所に対し相続放棄をする

と申し立てる件数の推移です。

これが右肩上がりで増えています。

http://www.courts.go.jp/app/shihotokei_jp/search **

様々な事情で放棄するのは

致し方ないとしても

せめてそれを託した人の気持ちだけは

受け継ぎたいもの

受け継ぐ方法を

考えてみたいですね。

**

株式会社ありがとう・不動産 RFCM Reportから引用


ご相談申し込みはこちら お申し込みはこちら


ご意見などお気軽にお寄せください

© 2023 トレイン・オブ・ソート Wix.comを使って作成されました