遺産相続の前にギフトをもらうこと


実は

先日飛び込んできたのが

イチローさんの選手から会長付特別補佐へというニュース

その記者会見でもお話されていましたが

成績が振るわない中この2か月選手としての起用で

毎日がギフト 本当にハッピーでした♪ という言葉が印象的でした。


実は

遺産相続でお悩みの方にとって親の保有するものや資産は、自動的に自分が受け取るもの

という考えから兄弟間での争いに発展するケースも多く、中には数年にわたっての裁判所で の法廷闘争になることもあります。



親の財産、つまり遺産を受け取るというのは子にとって当然認められる権利ではあるのです が、そこに固執するあまりに兄弟やもう片親との間で取り分の言い争いが激化し より大きな問題になったりします。 そのような場合、問題解決に有効なのがイチローさんのように

視点を変えるということ

子としての当然の権利だから遺産は絶対にもらわなくては・・と焦って考えるのではなくて

ギフトとしてもらうという考え方です。

ギフトならば得られなかった時の事を考えて「喪失感」を感じることもなく、あなたが 親しくしている人からの頂き物のように、貰えて嬉しいな、ありがたいなという

「プラス」の感情が湧き起こることもありますね。



更にはギフトといった考えから一歩進めて子(孫)への教育資金としてもらったり、家を建 てるときやリフォーム時の資金援助としてもらったりで、親が元気なうちに助けてもらうこ


とができれば、死後のモノに過度に固執することも少なくなると思います。

視点を変えて別の形でギフトとして受け取ることで、あなたが何年にもわたる兄弟間の争い に身を置くこともなく、家庭裁判所に通い詰めて時間やエネルギーを奪われることもなく

もらったギフトを貴女や家族の今後のためにプラスに役立てることができますよね。

理性のある解決策で、あなたにプラスになるようなギフトのもらい方をこれから考えていき


たいですね。




ご意見などお気軽にお寄せください

© 2023 トレイン・オブ・ソート Wix.comを使って作成されました