これからの投資に求められるもの


40代シングル、遅咲きの女性が 人生を浮上させる応援をしています。

ハッピーライフデザイナーのひさよです




コロナ禍で影響を受けたものには投資も含まれます。 ここ最近で人気のあるNISAをはじめとした株式投資信託でも、コロナの影響で相場が大 きく下落しています。 特に昨年投資信託の市場で人気を集めた商品ほど苦境に立たされています。 今までの常識としていた株と債券の分散やREIT(不動産投信)の活用も、このコロナ禍ではう まくいかず投資初心者も含めて投資に対しての不安や不安定感が増しています。 最近ささやかれている言葉が、 ”分散投資が効かない” ということ。 特に利益を大きくするためにわざわざ借入金を利用して投資を行う「レバレッジ」という 投資スタイルでそこのところが顕著になっています。またそれと似たFXも若い世代を中心 に損失が増えているのです。 今回投資によって仮に損失を得たとしてもそもそも投資自体が悪いわけではなく、積立投資 も続けていくことはとても意味があります。 問題なのは日本人の集団志向性というような、隣がやっているからうちもといった右に 倣え意識の投資スタイルであったり、勧められるままに人気のある金融商品に飛びつきやす いこと、FXのように短期的な投機でまとまったお金を作りたいという願望を投資に当ては めていることなのです。 今回コロナによって生活様式に様々な変化がもたらされているように、投資についてもどの ような変化が起きてもおかしくはありません。 今のように金融市場が混乱したり、物事の価値が変わる様相があるときはなおさら、基本的 なことに忠実に行い、リスクの大きすぎるレバレッジといった借入金を用いた投資手法を避 けることが大切です。 そもそも投資には将来性のある会社を応援するという側面も含まれます。 コロナと共存する社会、コロナが終息したのちの社会にはどのような分野が成長し、人々が 何を求め、どういった社会にしていきたいかの理念や理想が反映され、そういったものが社 会や金融市場の様相を変えていくのです。 そのようなときには今までと同じような投資スタイルや傾向では、投資がうまくいかない要 因になります。 生活に無理のない余剰資金で、できればNISAなどを使った積立投資を利用して、最低20 年から一般的には30年(それ以上)といった長期間で運用するといった基本スタイルが、 結果としてうまくいくコツなのです。

ご意見などお気軽にお寄せください

© 2023 トレイン・オブ・ソート Wix.comを使って作成されました