情報に振り回されない投資をしよう

今週は日経平均株価が大幅に動きましたね。 このところ2万9千円近く合った株価は1万円近く値下がりし、最終的に2万8千円を過ぎたところ。そして今日の株価はまた2万9千円を超えるという感じで、日々変わっていく展開になっています。



こんな展開は今に始まったことではなくて、実は今年の3月から4月にも同じような動きでした。 当時3万円台であった株価は4月以降は下向きに推移し、5月半ばには2万7千円台へと突入、その2日後には2万8千円台に戻るという荒い動き。 その時はメディアでも大きく取り上げられました。

今回もそうなのですが、このような動きになるのには必ず原因があります。 アメリカがこれからの経済政策を変更しますと発表をして、それが世界中の株価に影響をしているのです。


少し専門的なお話をすると、アメリカではこの政策の変更により金利の上昇が起こるのではないかと言われています。 金利の上昇って言われても分かりにくいですね。

簡単に説明すると、コロナによって大きくダウンしてしまった自国の社会や経済を回すために、日銀はおろか世界中の中央銀行で通常では考えられないくらいの大幅な金融緩和措置をとっています。

たくさんのお金やお札を刷り、それが世の中に出回っています。 それから日本の住宅ローンのように、多くの人が過去にはないぐらいの低金利でお金を借りて家を建てたり、アメリカでも低所得者の人が特別な融資を受けたり、お金を借りることができたりしています。


このように安い金利や金融緩和で多くの人が恩恵を受けているのです。

一度そのような恩恵に慣れてしまうと、国の方針が変わって今までのように物を買ったり、家を買ったりすることができなくなるとか、ちょっと無理をして家を買ったから、これからのローンの支払いが滞らないかな?怖いなってみんなが不安に思いますよね。


それだけ金利の上昇は人の購買欲や、経済の動きに大きな影響を与えます。



このコロナ禍で投資熱が高まり、今までそのようなことに見向きもしなかった人が急に株式や他の投資に参加をするようになっています。そういった中であまり知識もないままに投資を始めると、今までと違った動きや展開になるとどうしてよいか分からなくなる人が多いみたいです。


値上がりすると思っていたものが急に値を下げる、みんなが一斉に株を売るというような展開に自分もわけが分からずに追随してしまう、途方に暮れてネットの情報に一喜一憂する人も少なくありません。


じゃあそんなときはどうしたらいいか?

怪しいネットの情報に頼るのではなくて、他に良い方法はないの? 怪しくない(それを判断するのが一番難しいのですが)投資会社で専門家の話を聞く、セミナーに行くのも一つの方法です。


オンラインのような自宅学習も正確な情報を入手できれば、悪くはないかもしれません。


でも、どれも一緒だし、迷ってしまうし、そもそも基礎が分かっていないからついていけるのか不安になるという人には、必要な内容を分かりやすく教えてくれる専門家に聞くのが一番お勧めですね。





専門家って誰がお勧めなの?誰かいい人紹介してくれない?っていう人は、この秋開催の私のセミナーに是非お越しください(笑) 投資の基本的なことや、9割以上が詐欺といわれている手を出してはいけない投資案件の見分け方まで、がっつりとお話しようと思っています。

もちろんご相談を受けた実例をもとにアレンジした内容で、法的なことや解決策まで含めてのお話なので知っておいて損はないと思いますし、初心者の方でも安心して聞いていただける内容です。


講座やご相談を受けていただいたお客様からも、むずかしい話でもかみ砕いて説明してくれるし、わかりやすいわ、面倒をみてくださるのでありがたいです、という嬉しいお声をいただいています。



もちろん秋まで待てないという人には個別でもご相談にのっていますので、そちらもご活用くださいね。 この秋のセミナーについては、詳細が決まり次第お知らせしたいと思います。