40代、結婚前のお金を貯める仕組み



40代シングル、遅咲きの女性が 人生を浮上させる応援をしています。

ハッピーライフデザイナーのひさよです




当時40代の私が30代の主人と出会ってから数か月先に結婚に至ったのですが


今から考えるとまだ付き合って2か月程度の時信じられないくらい厚かましい要求を


彼にしていました。


ちょうど彼のご両親に挨拶に向かう列車の中、


彼が取り出したのは会社からの知らせ、その翌年から始まる財形年金のお知らせでした。


しかもあと一週間で締め切りのもの


生活感覚はしっかりしていたもののお金を貯める仕組みについて彼には知識が


まるでありませんでした。




一方私の方はというと、生活やお金については全然管理できていなかったにもかかわらず、


若いころに体験していたこともあり、何故か財形の知識だけはあったのです。




いつしか彼の家族の一員として・・という空想めいたものではありましたが、 〇〇円から始めてみましょうよと財形に申し込みを決めたものの、これは深く考えてのこと


ではなくとりあえず天引きしてお金を貯めておけば後で困ることはないだろう・・・


ぐらいの気持ちでした。






















その後私たちは財形にも色々あるとか、お金を貯める仕組みやそのほかのお金の知識を


一から勉強することになり、結婚する前のこの財形の申込みをきっかけに勉強したことを


一つ一つ取り入れていくことにしました。




もちろんお金の使い方もものの管理もそう。


自分の買い物習慣も改めるのにゆうに4年はかかったのですが、お金を貯めていく仕組みも


2人で勉強して一つ一つ試しては合う、合わないと試行錯誤をして自分に合うやり方を


見出しました。




お金貯めるのにも増やすのにもどこかで仕組みを作らないとなかなか実現はできないし、


浪費家だった私にはこれがないと続かなかったような気がします。


全ては私の厚かましい行動から始まったことですが(笑)、そこから私たちの生活はスター


トしていきました。





あなたに合った豊かさを得る、夢を実現する仕組みづくりは私と同じではないとは思います


が、あなたが無理をしない方法でお金貯める増やす仕組みを作ることは実現可能です。


そのための勉強や仕組みづくりに取り組んで、あなたにあった豊かさと夢を実現してもらい


たいと思います。




ご意見などお気軽にお寄せください

© 2023 トレイン・オブ・ソート Wix.comを使って作成されました